あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井の移籍先が決まった。


フリーエージェントになっていた松井秀喜が、
アスレチックスと1年契約を結んだ。

今年はエンゼルスでプレーしたが、
どうにも赤いゴジラには馴染めぬままだった。

前半の不振から、成績も不本意な結果に終わった。
打率2割7分4厘、21本塁打、84打点は、
決して見劣りする数字というわけではないが、
松井本人としても納得のいく結果ではないだろう。

それでもア軍のゲレン監督は松井の打撃に期待しているようだ。
「痛い目に遭わされてきた打者を味方にできるのは大きい。
 どの打順でも活躍するだろうが、基本的にはDH(指名打者)。」と語った。
3割6部1厘の出塁率も大きな魅力に違いない。

ビリー・ビーンGMは「パワーだけでなく、状況に応じた打撃ができる。」と評価。
数年前から動向を注視していたと言い、今季も早くから照準を定めていたらしい。

隣接するサンフランシスコには日系人も多く、
かなりの経済効果も期待できるはずだ。
実際、エンゼルスは松井の加入で球場に日本企業の広告が増え、
チケットやグッズ販売を含めて数億円の増収があったという。

地元のクロニクル紙は「ゴジラがやって来る」の見出しで報じるなど、
当地の雰囲気は歓迎ムードに包まれているという。


私は・・というか、妻も息子も巨人軍在籍時からの松井ファンだ。
彼がヤンキースでプレーするようになってからというもの、
日本のプロ野球をほとんど観なくなったほどだ。

怪我をして復帰するまでの間は寂しい思いをし、
去年のワールドシリーズの大活躍に歓喜した。


今年のエンゼルスでのプレーはファンとしても不本意だ。
前半は不調で、後半盛り返した頃には試合の放映回数が極端に減った。

それでも来年また彼のプレーが観られると思えば嬉しい。
移籍先が決まって安心した途端、早くも来季の開幕が待ち遠しい。


ファンで埋め尽くされた緑一色のスタンドに、
松井の放った弾丸ライナーが突き刺さる・・。

早くもそんなシーンを夢見ている・・。







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。