あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢弁護団の方針。


小沢氏の弁護団が「今後の対処方針について」
と題した書面を発表した。

東京第五検察審査会(以下「第五検審」)は、
本年9月14日付けの小澤一郎氏に対する起訴議決において、
平成16年10月の陸山会による土地購入の事実と
同会による小澤氏からの4億円の借入れの事実が
同会の収支報告書に正確に記載されなかったことをもって、
政治資金規正法違反の罪で起訴すべきとしました。

しかしながら、
後者の事実も含めた収支報告書の記載如何については、
当初の告発及び東京地検の2度にわたる不起訴処分の対象とはなっておらず、
第五検審の1度目の議決の対象にもなっていません。

ところが、検察審査会法上、
強制起訴のためには検察審査会が同一対象について
2回起訴を求める議決を要するのであります。

つまり、今回の第五検審は、
起訴議決の対象について1回しか議決しなかったものであり、
ここに重大かつ明白な法律違反が存在します。

これは法律的には無効というべきものであり、
刑事訴訟手続以前の、行政処分に関する問題であります。
そして、この段階で裁判に熟しており、
救済を後に引き延ばす理由がありません。

そこで、当弁護団としては、
小澤氏が違法・無効な刑事訴訟手続の進行により被る
深刻な不利益を回避すべく、行政訴訟を行ってきたところであります。

しかし、先般当弁護団から申し立てた特別抗告・許可抗告に対する
最高裁の決定において、第五検審の起訴議決の違法・無効については、
行政訴訟ではなく、後の刑事訴訟の中で司法判断を求めるべきものであるとされました。

このような訴訟方法における交通整理は、
小澤氏が違法・無効な起訴議決に基づく刑事訴訟手続を甘受せねばならない
不利益を一切考慮しないものであり、
行政訴訟において司法が果たすべき役割や行政訴訟の裁判を受ける権利を放棄したに等しく、
甚だ遺憾であります。

ただし、最高裁が今回の決定で、
起訴議決の違法・無効については刑事訴訟手続の中で判断を求めうるとしたことは、
極めて重要な意味を持ちます。

なぜなら、当弁護団が起訴議決の違法・無効を刑事訴訟手続で主張した場合に、
刑事裁判所が行政処分だからという理由で判断を拒否することはできなくなったからです。

むしろ、刑事訴訟手続の冒頭でまず起訴議決が違法かどうかの論点について決着を付けないと、
犯罪事実に関する通常の審理に進めないことを意味すると言えましょう。
だとすれば、当弁護団としては、行政訴訟でのこれまでの主張を、
今後は刑事訴訟手続の中で主張すれば必要かつ十分であるということになります。

以上の理由により、当弁護団が先に東京地裁に提起している行政訴訟の本案の訴えについては、
本日これを取り下げることとし、所定の手続をとりました。

今後、当弁護団としましては、刑事訴訟手続に全精力を集中し、
そもそも検察審査会が権限を逸脱して行った起訴議決に基づく指定弁護士による起訴手続自体が
無効であることを訴えて、早期に裁判の終結を求めるのはもとより、
公判において小澤氏が無実であることが明らかになるよう弁護活動を展開して参る所存であります。



なるほど、小沢弁護団は第五検審の議決を違法かつ無効だとして、
新たに刑事訴訟手続きに入るらしい。

今度は裁判所も却下出来ないということなのだろう。
行政訴訟を撥ね付けた以上、刑事訴訟は受けねばならないことになるからだ。
今度は「行政訴訟で争うべき」なんて間違っても言えない。

しかしその前に、石川・大久保両氏が無罪となれば、
小沢氏に対する起訴議決そのものが消滅する。

ところが両氏の裁判は一向に進展しない。
石川氏の場合は公判前整理手続きが難航し、
大久保氏の場合は検察の訴因変更で判決が先延ばしされた。

これらの無意味な先延ばしは何を意味するのか・・?
各方面から疑問の声が上がるのも当然で、それほど異常な事態となっている。

「小沢氏の手足を縛っておくためではないか?」
という話が真実味を帯びてきた今、
そういつまでも裁判所が沈黙を続けることは難しいだろう。

国会でも検察審査会の存在が憲法違反ではないかとの質問がなされた。
さらに小沢弁護団による刑事訴訟が提起されれば、
裁判所にとっては実に居心地の悪い状況が生まれる。

そうした展望の上に立ってかどうかは分からないが、
小沢氏と仲間の議員達の動きが活発になっている。


今の政権の体たらくを考えれば、
早晩何らかの動きがあるような気もする。


首相が官房長官の交代を含めた大幅な内閣改造に踏み切れるか?
それとも内閣総辞職となって代表選に突入するか?

よもや、「やぶれかぶれ解散」などという愚は犯さないだろうな・・?




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。