あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降りかかる災難・・・?
何だか自分の半生記みたいになってしまったが、
若い頃のことを思い出す良い機会だ。
ブログだし、そんなのもありかな・・。

・・・ってことで、もう少し続けてみる。



再び函館に舞い戻った私は、早速以前のバイク仲間達に連絡を取った。
内地に就職した者もいたが、函館にいる仲間にはほとんど会えた。

皆社会人然としていて大人っぽく見え、自分だけが変わっていない
ように思えたが、それはお互い様だったようだ。
彼らは一様に私のことを「逞しくなったなぁ。」と言った。

年齢からいえば当然だが、彼らの日常の足はバイクから車へと変わっていた。
おかげでバイクを降りた理由を語る必要も無く、付き合う上で不都合も無かった。
とは言え、私だけが遊んでいる身分なので、何となく後ろめたい気持ちもあった。

とりあえず車の免許を取得し、就職先を探すことになった。
当時、自動車学校で普通免許を取得する費用は3~4万円ぐらいだったと思うが、
俗に言う一発試験もあった。
合格率は1割にも満たないが、私のように自動二輪免許を持っていた場合は法規が免除され、
構造と実地試験だけでOKだった。
私が試験を受けた日は、52人中合格者が2人。その内の1人が私だった。


就職先は、ナイトクラブに勤めている仲間から誘われた。

「夜の仕事に抵抗は感じない?」
「そんなの無いよ。イカ釣りをやってたんだぜ。」
「・・・?」
「イカ釣り漁って、夜中の仕事だから・・。」
「あ・・そういう意味ね。」
「何だよ、そういう意味って、どういう意味で聞いたんだよ。」
「いや、別に良いんだけど・・。」

話が噛み合わないのはご愛嬌だが、本気で私の心配をしてくれているのは伝わって来た。


函館を基地に、北洋へ向けて蟹やサケマスの船団が数多く出航し、何ヶ月も帰って来ない。
残された船員の妻達や未亡人向けの高級クラブがあった。
まぁ、今で言うホストクラブのようなものだが、一応やってみることにした。

ルックスに自信は無かったが、若さのせいか、指名してくれる客も増えて行った。
私にしてみればかなり年上に感じていたが、今にして思えば30代の女性客が多かった。
そんな女性達に服装や生活の面倒を見てもらったり、近郊の観光地に連れて行ってもらったりと、
可愛がられた。函館の女性はさっぱりとした性格でいながらとても優しく、良い人ばかりだった。

昼はモーターショップのレーシングチームに所属し、白老に完成したサーキットを中心に
ジムカーナや草レースに出場するといった、昼夜共に忙しい生活が続いた。
少しづつだが、私の心も明日・明後日先ぐらいのことまでは考えるようになっていた。


そんな中、夜の函館の裏社会を牛耳る暴力団の幹部、という男から呼び出しを受けた。
「ひいき」にしてくれている女性客の中にヒモ付きがいたのか? 心当たりは無いが、
こういう店ではよく聞く話だ。「まったく・・ツキの無いヤツだな俺は・・。」
店の同僚達は私を隠して、逃がすよう画策してくれたのだが、外には舎弟とおぼしき男達が
私が出て行くのを待っている。

どうせこれといった目標のある人生でも無い。半ばヤケクソ状態で暮らしているのだ。
高校時代、ボクシングジムに通っていたし、少林寺拳法もちょっとはカジった。
(まさにほんのちょっと。豆腐の角をカジった程度だが・・。)
いざという時は死に物狂いで抵抗してやる・・。


意を決して外に出た。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://goodjone.blog105.fc2.com/tb.php/8-845aab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。