あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥のように・・・。


ゴメを撮るのは面白い。

それはゴメが好きだからということではなく、
単に動くものを撮るのが面白いからだろう。

101030a


ただ、鳥が飛ぶ様子はゴメに限らず美しい。
空を飛ぶことへの憧れがそう思わせるのかな・・?

「鳥になりたい」と本気で思ったことはないが、
鳥のように自由に空を飛び、遠くへ行きたい・・。
と思ったことは何度もある。

子供の頃はいつもそう思っていたような気がする。

しかし当のゴメ達はそんなことを思っているわけではない。
当たり前だが、彼らにとって大事なのは「生きる糧」だ。
港の空を舞いながら、その目は常に食べ物を探している。

101030b



素早く飛び立ち、自在に飛び回るゴメだが、
私の腕でそのスピードについて行くのは容易じゃない。
しかしその反面、着地の際は余裕の無さを感じさせる。

101030c


翼は慌てたような動きをするが、体の動きは緩慢だ。
だから写真を撮るにも比較的楽な感じがする。
当然、そんな写真が多くなってしまう・・。

101030d



ゴメが最も無防備な瞬間が着地の時なのかも知れない。
魚を咥えて着地する際は他のゴメから狙われやすいだろう。

101030e




そんなゴメ達の様子を追って時間を忘れた。

だがゴメ達にしてみれば、すべての時間が生きるための戦いなのだろう。
彼らには戦いに敗れた者が生きる場所などない。
楽しい時を過ごす私に、敗者の姿が厳しい現実を突きつける・・。

101030f




もしかして私もああなっていたのかも知れない・・。
人として生まれたことに感謝せずにはいられない。


なんとなくだが・・今日は家族に対して、
いつもより優しく接することが出来そうだ。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。