あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ10月なのにもう雪の便り・・。


近頃めっきり寒くなってきた。
懐も寒いし、景気も冷え込んだまま・・。

円高なのに灯油も値上がり傾向だし、
この冬は徹底した寒さ対策が必要になる。


気分直しに外へ出てみる。
熊の目撃情報が多いので、山には行くなと言われている。
だから必然的に海へと向かうことになるのだが、
まずは断崖の上から海を見下ろしてみることにした。

最初に立ち寄った場所に「エゾシカ」の頭骨があった。
角の形や全体の大きさからみて若い雄鹿のようだ。

101026a




付近を見回しても体の骨が見当たらないので、
頭だけ他の動物によって運ばれて来たのだろう。

潮騒を聴きながら海を見下ろす・・。
永遠の眠りにつくならこんな場所が良いのかも知れない。

当てもなく写真を撮り歩いていると、たまにこんな場面に出くわす。
田舎じゃ珍しくもない光景だが、
何かこう・・大自然の営みを感じるというか・・。


ここにもひっそりと命を終えた「トンボ」が・・。

101026b




東京の友がこの地を訪れた時、この海岸に立ち寄った。

101026c

101026d



いつもはたくさんいる「ウミウ」が1羽しかいなかったが、
「シノリガモ」の群れが冬の到来を感じさせる。

101026e




そういえばシラルトロ湖にはもう白鳥が来ているらしいし、
今年も多くの渡り鳥がやって来ることだろう。

風が冷たくなって来たので、そろそろ帰るとしよう。

101026f



今朝は早くも道央辺りから雪の便りがあった。
この辺りが雪に覆われればこんな海辺に立ち寄ることも出来ないだろう。
冬の間は渚へ行く道が閉鎖されていることが多いからだ。


冬には冬の楽しみがあるものだが、
何かと制約が多い私にとって、さらに行動範囲が狭くなる季節だ。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。