あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの職員って、戸別訪問してるのか・・?

今日、NHK職員と称する者が受信料の請求にやって来た。
「本日は日本放送協会から参りました。」

・・・って・・。
言葉おかしくない?

じゃぁ明日はどこから来るんだ・・?


それはともかく、要は視聴料をぶん取りに来たのだ。
「ウチはNHKを観ない。」と言っても聞き入れない。

「テレビがあるお宅はすべてお支払い頂くことになっております。」
「それは受信契約を結んでいればの話でしょ?」
「ですから、契約を結んで頂いた上でお支払い頂きます。」
「契約しないからといって罰則があるわけじゃないでしょう。」
「それはそうですが・・。」


敵はここで引き下がるつもりがないようで、
裁判で支払い命令が出ている最近の例を持ち出した。
しかしそれ等はみな契約した上での不払いだからね・・。

私は未だかつてNHKと受信契約を結んだこともないし、
逆にNHKが敗訴した例を言ってやった。

札幌の男性の話だが、仮にA氏としよう。

A氏は03年から4年4カ月にわたり受信料を支払わなかった。
NHKは未払い分約12万円を請求したが、
A氏側は「妻が勝手に自分の名前で受信契約書に署名しただけ。」と反論。
札幌地裁も「A氏は妻に契約の代理権を与えていない。」と見なし、
「契約無効」の判決を下したのだ。


すると敵は下を向きっぱなしの状態にはなったのだが、
かといってそのまま帰る様子もない・・。


何とか粘ろうと、「受信設備、いわゆるテレビはお持ちですよね?」と聞く。
持っていると答えると、「では契約を拒否することは出来ませんね。」と言う。
そもそも受信設備を有していながらNHKだけ観ないというのは通用しないと・・。

そこで私は国会での答弁事例を持ち出すことにした。

昭和55年10月21日に開催された参議院逓信委員会において、
中村鋭一委員の「受信料義務化」に関する質問に対して
当時の郵政省電波監理局長田中眞三郎氏が、
「NHKの受信を目的としないもの及びラジオについては免除するわけでございますけれども・・」
と答弁している。


放送法32条では「放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ」を「この限りではない。」
としているが、
それは「NHKの受信を目的としないもの」のことなんだと明確に答弁しているのだ。


もちろんその国会答弁が昭和55年当時のものだとは言わなかったが、
敵はこの話ですっかり戦意消失となったらしい。


撤退のきっかけを与えるためにNHKを観ない理由を教えることにした。

友人から聞いた話として、BS放送の「ブロックノイズ」が改善されていないらしいこと。
有料なのに映像や音声がブツブツ途切れるのは詐欺みたいなもんだと・・。
CMが入るとはいえ、民放のBSはまったくそんな問題はない。

さらには「小沢問題」などで他の民放局と同じ横並びの内容をタレ流しているらしいこと。
「政治とカネ」を連呼するにしてはそれがどういう意味か解説すらしないらしいこと。
東京第五検察審査会の議決内容に矛盾があることも、他局と同様にスルーしているらしいこと。
つまり事実上の「国営放送」でありながら「国民の知る権利」を著しく侵害していると・・。

不祥事続きで集めた視聴料をドブに捨てるようなことをしておきながら、
海老沢勝二元会長の退職金3146万円を支払うことにしたらしい。
そんなことのために視聴料を取ろうなどと、実にふざけた話だ。

とまぁ、敵が後ずさりしたくなるような話を続け、
「それじゃぁ無理もないですね・・。」という雰囲気を作り、お引き取り頂いた。


実際、NHKを観ることなんてほとんどない。
っていうか、最近じゃ他局の報道番組も同じく観ることがない。

知りたいことは映像も文章もネットで十分間に合うし、
むしろネット上の方が真実を知ることが出来るんじゃないかとさえ思っている。


アナログ放送が終了するとともに大量の「地デジ難民」の発生が懸念されている。
そうなりゃ受信契約を解約する人が続出し、NHKが悲鳴を上げることにならないか?



まぁ、私の知ったこっちゃないが・・。










スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。