あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリまくりの第五検察審査会?

今月12日、民主党の川内博史議員が衆議院予算委員会に於いて、
小沢一郎氏に2度目の「起訴相当」議決を出した東京第五検察審査会の
会議録の公開を求めた。

審査員個人の名は伏せて、会議録だけを公開せよという意味である。

柳田法務大臣は「非公開と定めた審査会の趣旨が損なわれる。」
と答弁したが、法務省刑事局長は、
「検察審査会の会議【録】を公開しないという規定はありません。」
と答弁した。


そもそもこの質問は、闇に包まれた東京第五検察審査会の「怪しさ」が背景にある。
川内議員が公開を求めた会議録そのものが存在するかも疑わしいのだ。

ネット上でつぶやく「ツイッター」では、2000年に審査員を務めたと言う人が、
「そういえば私が検察審査員をしていた時、「議事録」など見たことはなかったなあ。」
とツイートしている。

当初発表されていた審査員11人の平均年齢は30.9歳だったが、
この12日に実は33.91歳だったと訂正された。

1人の年齢を足し忘れたまま11人で割り平均年齢を算出していたというのだ。
今月8日に計算ミスに気付き、審査会長(審査員の中から互選)に諮り訂正を発表という。
つまり、10人の年齢合計数を11で割ったということのようだ。

これを報じた複数の新聞は、数え忘れた人の年齢が37歳だったと付け加えた。


まてよ・・?

10人分の合計を11で割ったら30.9歳だったということは、10人分の合計は340歳だ。
数え忘れた人の年齢が37歳だとすると、これを足して11で割れば34.27歳になってしまう。
しかもこの平均年齢は、第1回議決時の審査員の平均年齢(34.3歳と発表)とほぼ一致するではないか!

大手新聞の記者もデスクも、そんな簡単なことに気付かなかったのだろうか・・?
検察のリークを鵜呑みにしてそのまま記事をタレ流す実態が証明されたということか。


ところが東京第五検察審査会は、13日になって再度34.55歳だったと訂正した。
審査員就任時と議決時の違いなどを苦しい言い訳にしてはいるが、
そんな程度のこと、あらかじめ決められてなかったのか?

当初は30.9歳、次は33.91歳、最後は34.55歳。 ホントに最後になるのか?
ネット上にとても分かりやすい画像があった。

101015


2回続けて「宝くじ」の1等が当たったような・・いや、それよりも少ない確率か?

今回議決された「犯罪事実」には検察が不起訴としたここと違う「犯罪事実」が入っている。
この場合の「犯罪事実」自体も、「犯罪があったんじゃないの?」と疑っているだけのことだ。

まさにやりたい放題!「ノリノリの東京第五検察審査会」といった感じだが、
東京第五検察審査会の審査員、実は1回目と同メンバーだったりして・・。



平成19年・20年・21年で政治資金収支報告書の修正申告が1070件あったという。
この1070件すべてについて検察による徹底した強制捜査が行われ、
不起訴となった場合には検察審査会で2度、「起訴相当」の議決がなされなければ納得出来ない。
しかも小沢氏の収支報告書は、修正が必要ないほどきちんと記載されたものだ。


今回の議決を受け、裁判所は第二東京弁護士会に検察官役の弁護士を推薦するよう求めている。
その第二東京弁護士会には議決を補助した吉田繁實弁護士が所属している。

しかし、あんないい加減な議決書を基にした起訴状を裁判所が受け付けるものだろうか?
せいぜい差し戻されるのがオチだと考えるのは私だけではないだろう。
だが検察審査会は裁判所の中にある。 普通の考えは通用しないのかも知れない・・。


ネット上では吉田繁實弁護士に対する懲戒処分を請求する動きがあるようだ。
また小沢氏サイドも、議決が違法だとして取り消しを求める行政訴訟を起こすらしい。


正しいことが明らかになるのはいつのことか・・。


ただ、大手メディアの横並び報道が「怪しい」ことだけは確かなようだ。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。