あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいにくの雨模様で街歩きはおあずけ・・・


昨日今日と、地底からの生還者たちの笑顔を見続けた。
救出作業は48時間程度を要すると言われていたが、
なんと、24時間もかからずに終了した。

奇跡の救出劇を伝え続けたメディアだが、
次の興味は生還者の私生活へと移ったようだ。

救出された中に、奥さんではなく愛人に出迎えられた人がいたからだ。
現場での出迎えを愛人に譲った形になった奥さんだが、
ご主人を愛人にを渡す気はないらしい・・。

とまぁ、助かった後はそっとしておいてやれば良いようなものだが、
どうも日本のメディアは「除き癖」が抜けないらしい。


雨が降っているので外出はしなかったが、
息子が学校へ行こうと玄関を開けた際に、「トンボ」が入って来た。
雨を避けてかどうか分からないが、鉢植えに身を寄せている。

そういえば虫たちって、いつぐらいまで活動するのだろう?
つい数日前も、何も考えずに蝶やトンボを撮ったりしていた。

「アキアカネ」の恋の季節もまだ終わってないようだった。

101014a


この時期に単独でいるのは相手が見つからなかったということか・・?

101014b



普段よく見かけるのは「ヒョウモンチョウ」の仲間だ。

101014d



同じくよく見かける「モンキチョウ」。 比較的遅くまで見られる蝶だ。

101014c



春先から秋まで長いこと見かけるのが「クジャクチョウ」。

101014e


蜜を吸う花がなくなると彼らも姿を消すのだろうか?
冬の間はどうやって過ごすのか?
いや、成虫は秋の深まりとともに命を終えるのではないか?

いい歳になって、何も知らなかった自分に気がつく。


小さな命たちにじっくり目を向けるようになったのは最近だ。
病気になり、「命」というものについて考えるようになったからだろう。

元気な頃に見ようともしなかったわけではないが、
何というか・・・やたらと目につくようになったのは確かだ。

写真に収める上では対象物によってさまざまなテクニックがあるのだろうが、
私の場合は、ただ感じたままにシャッターを押しているような状態だ。
それでも一応は気に入る写真と気に入らない写真があるから不思議なものだ。

拘りがないようでいながら、もっと良い機材が欲しいと思うのも不思議だ・・。


正直、「新し物好き」の面もあるんだろうな・・。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。