あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キハ54
冬の間、釧網線を「SL冬の湿原号」が走っている。
沿線の撮影ポイントには、多くのカメラマンの姿がある。

しかし、SL以外の車両に向かってカメラを構える人は少ないようだ。
私も、日頃見かける「お馴染みの車両」を注視することはない・・。

「国鉄キハ54形気動車」

国鉄末期、民営化直前の1986年に製作された車両群の一形式だと言う。



090221a.jpg

塘路河畔を行く「キハ54」

090221b.jpg




耐候性に優れるステンレス製軽量車体の採用、勾配や積雪に耐える性能を得るためのエンジン
2基搭載など、地域の実情に応じた装備が施されている。

一方、台車や変速機・運転台機器等には在来車の廃車発生部品を再利用し、
一部の機器にはバス用の汎用部品を用いるなどの策で、製作コストの適正化に留意している。


正面形状は平妻貫通式で、運転台窓回りを黒色とした大窓風の意匠を採用する。
運転台窓上には種別・行先表示器を設ける。
前面と側面の接合部は白色のFRP部材を額縁状に配する。




090221d.jpg

釧路の市街地を抜ける「キハ54」



新潟鐵工所(現・新潟原動機)製の直列6気筒ディーゼル機関DMF13HS (250PS/1,900rpm)
を2基搭載し、車両の定格出力を500PSとしている。
ターボチャージャー付の直噴式で始動性に優れ、メンテナンス性も改善されている。


北海道仕様車は酷寒地で使用する区分で、1986年に29両 (501 - 529) が製作された。
過酷な気象条件の中での運用に備え、随所に凍結対策が施される。
排雪走行や動物との衝突などに備え、運転台下にはスカートが装備される。




090221e.jpg

厚岸の町を釧路に向けて通過中の「キハ54」



北海道の非電化路線は冬期の積雪と列車頻度などの条件により、
走行する列車自身に線路上の積雪を除去させる排雪走行の能力を要する。

国鉄では北海道向けの2機関搭載両運転台車は長く製作されず、
キハ22形・キハ40形などの1機関搭載車を地域輸送に使用していた。

これらの形式は出力に余裕がなく、
冬季は冗長性確保のため2両以上の編成で運行する対応がとられた。

輸送実績に比し過大な運用コストが加重することから、
この運用方法の解消は長年の課題であった。


民営化に先立ち、国鉄最終年度の予算で投入された新型車両だったんだな・・。



仕様

客室窓は小型の一段上昇式で、車内側にFRP枠の内窓を備えた二重窓である。
客室扉は 850mm 幅の引戸で、氷雪対策として機関廃熱利用の温水ヒーターを装備する。
開閉はドア横の押しボタンによる半自動仕様である。
ドアチャイムはドア付近の天井に設けられ、閉まるときのみ鳴動する仕様である。

室内は出入台と客室を仕切るデッキ仕切扉を設けるが、仕切り腰部から上をガラス張りとして
展望を良くし、同時にワンマン運転時の運転士の車内監視に資している。
車体には赤を主体として下部にクリームと黒の細線を配したテープを貼付する。
(資料:Wikipediaより抜粋)




090221c.jpg

花咲線走行中の「キハ54」



遠方へは常に車で移動する私は、残念ながら乗車した経験がない。
しかし、決して多くはないが、熱心な愛好家がいるのも確かだ。


ローカル線の堂々たる主役「キハ54」。
いつまでもその雄姿を見ていたいと願う人は結構いるはずだ・・。






スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。