あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びバイクに・・・。

体調と相談しながらなので、ブログの更新もままならない。
特に新しいことが無いので、回想録の続きを・・。


「ひと夏の経験」を終えた私は、ある商社に勤めることになった。
成績を上げることも、以前のバイク仲間達の応援を得て、順調だった。

数年後、その会社が釧路に支社を置くことになり、派遣された。
支社開設の準備に追われ、忙しい毎日を送っていたが、
ある日、函館の友人から連絡が入った。

外国航路の貨物船に乗ることになった彼は、手に入れて間もないバイクを
私に譲りたいと言うのだ。

訳があってバイクに乗らなくなった私だが、早逝した友人の祖父母から
「孫のことでバイクに乗らなくなったと聞き、申し訳なく思っていた。」
と言われ、すでにわだかまりは消えていたのだが、機会が無かったのだ。

友人の船は釧路に寄港して荷を積み、東南アジアへ向かうルートだ。
バイク仲間としての彼は、いつも優しい笑みをたたえた物静かな男だった。
夜学に通って猛勉強をし、本州の商船大学に入った話を聞いていた。

港で彼の船を迎える。 何と、バイクを積んで来ているではないか!
クレーンに吊られ、降ろされたそのバイクは、
ホンダCB750Fだった。

cb_f


「F」と呼ばれるこのナナハンは、初期型の「FZ」から「FA」「FB」「FC」と続く
ロングセラーとなり、一時代を築くことになる。

久しぶりにバイクに跨った私は、急速に舗装化が進む北海道の道を走りまくった。
一旦バイクに復帰すると、それが元で素晴らしい縁に恵まれるから不思議なものだ。

ツーリング先で知り合った初老のライダーからオフロード・バイクを譲り受けた。
ご子息が大事にしていたというそのバイクは、ヤマハトレールDT125。

dt125


図らずも2台のバイクを所有することになった私は、時間を見つけてはワインディングへ、
林道へと、バイク漬けの毎日を送った。

DTを譲っていただいた方は帯広に住み、お宅では「ピーマン」を栽培していた。
この時まで食わず嫌いだった「ピーマン」だが、おかげで食べられるようになった。


この方とはご子息共々、今でもお付き合いさせていただいている。




スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://goodjone.blog105.fc2.com/tb.php/13-bc81f202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。