あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河口の水鳥たち。


風もなく、穏やかな冬の日・・。
釧路川河口から港へと続く一帯を歩いてみた。

この時期はカモなどの渡り鳥がたくさんいる。
中でも、一番多く見かけるのが「スズガモ」だ。

110204a


「スズガモ」に似ているが、ちょっと小型の「キンクロハジロ」。
後頭部の「冠羽」が特徴だ。

110204b


そして「ユリカモメ」もいた。
いつも「ゴメ(オオセグロカモメ)」を見ているせいか、
小型の「ユリカモメ」はとても可愛く見える。

110204c


見慣れた景色だが、水鳥たちのおかげで2時間近くも歩いた。
そこへ「ボォォーッ!」というSLの汽笛が聞こえた。

そうか、もう「SL冬の湿原号」の発車時間が近いのか・・。
帰りがてら撮影してみようと思い、港を後にした。


港にほど近い定番の撮影スポットには「ヒドリガモ」がいた。

110204d


平日とはいえ、かなりの「撮り鉄」が来ていた。
先日、重連走行を見た後なので格別の感動はなかったが、
独特の走行音と汽笛のマッチングは素晴らしい。

110204e


「SL冬の湿原号」は、今日も多くの「乗り鉄」を乗せ、
釧網線を標茶に向けて走って行った。

「茅沼駅」には「タンチョウとSL]のツーショットを狙って、
たくさんの「撮り鉄」が待ち構えているだろう。

私も機会があれば・・・とは思っているが、なかなか・・。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。