あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港の夕焼け。


今日は午後になっても体調が良いので港に行ってみた。
以前から港の夕焼けを見たいと思っていたのだ。

釧路湿原の夕焼けは何度も見ているし、撮影もした。
でも釧路に住んでいながら港の夕焼けを見るのは初めてだ。

うまい具合に陽が沈む前に到着したが、
丁度「ゴメ」達がねぐらへ帰って行く最中だった。

110127a


「世界三大夕日の釧路港」と言われることも知らなかったが、
どこで見ても夕焼けは美しい。いったい何が違うのだろうか・・?

多分、絶好の撮影ポイントというのがあるはずだが、
探し回る時間もないので車を止めた場所から動かないことにする。
近くにカメラマンが2人いるので、「ハズレ」でもないだろう。

110127b


気温はマイナス6度。 風が冷たくて耳が千切れそうに痛い。
何か足りないような気がしたが、三脚を出し忘れたのだった・・。
今から用意したんじゃ陽が沈んでしまうので、そのまま撮ることにした。

110127c


港に来るとつい漁船にカメラを向けてしまうのだが、
今日は夕陽がメインだから気をつけなきゃ・・。
でもやっぱり漁船を入れてしまう。 まぁ、港なんだからこれで良いや。

110127d


今度は撮影ポイントを調べてから来ることにしよう。
と思いながら撮っていたら、2人のカメラマンも同じ方向を撮っている。
もしかしたらここで良いのかな・・?


釧路港の夕焼けと言っても、幣舞橋を入れた構図の写真しか知らない。
だが、幣舞橋は改装中でシートに覆われている。

カメラマンの1人に聞いてみたら、この辺りで撮ることが多いという。
キャノンのEOS1Ds MkⅢというカメラを使っていた。
フルサイズのいわゆる「プロ機」というヤツで、かなりのハイアマチュアか?
いや、もしかしたらプロのカメラマンかも知れない。

それにしても、何故か私と同じ方向にカメラを向けている・・。
「船、入れてますか?」と聞かれた。
「ええ、そうなっちゃいますね。」と答える。

物語性を感じさせる写真が撮りたいのだという。
その意味で、夕焼けは絶好のモチーフなのだと・・。

私なんか何も考えないでシャッターを押すばかりだが、
写真の質は違っても夕焼けには違いない。
堂々と自己満足の世界に浸ることにした。

110127e


とにかく今日は、夕方出かける気になったのが大きい。
東京の友と毎日メールのやり取りをしているが、
そのことに元気づけられるせいもあるだろう。

何度も通うことで、夕焼けを上手く撮れるようになりたいものだ。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。