あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて訪れた浜辺には道内唯一の私鉄があった。


近くを訪れたことはあるが、渚まで来たのは初めてだ。
こんな砂浜があるなんて知らなかったからだが、
穏やかな海が重い体を押して歩こうという気にさせる。

110119a


渚に来る手前で踏切を渡ったが、
国内唯一の石炭輸送専用列車が走る線路が敷かれている。
日本最東端 の私鉄・貨物専用線は、
「太平洋石炭販売輸送 臨港線」と言い、「臨港」「臨鉄」とも呼ばれる。

渚に立って振り返ると、D801号機がやって来た。

110119b



三脚を立てて撮影してる人がいたので、熱心な鉄道ファンもいるのだろう。
その人によれば、このD801は1970年に廃止された雄別鉄道の車両だったらしい。
現在は釧路コールマインの採掘する石炭の輸送を担当している。

110119c


渚に沿って歩いていると、違う車両がやって来た。
こちらはD701号機というディーゼル機関車だと教えてもらった。

110119d


D701は1977年製で、日本車両という会社が製作したらしい。
それにしても、鉄道写真を撮っている人はやたら詳しい・・。

これらの機関車は2002年の1月に太平洋炭礦が閉山に至った後も、
同じ年の4月から一部鉱区を利用して採炭および海外技術研修を実施することとなった
釧路コールマインの石炭輸送を担当しているが、運航頻度はかなり減ったのだという。

110119e


また1人、重装備のカメラマンがやって来て線路を撮っている。
鉄道写真を撮る人は列車の姿がなくても構わないのだろうか・・?

私もその気になって1枚・・。

110119f


かなり歩いたが、疲れはそれほどでもない。

だからというわけではないが、ここはお気に入りの場所になりそうだ。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント
いいですなぁ!
やはり北の大地の海と空は透き通ってますね。
いつ見ても憧れますがな!

線路はいろいろな思いを馳せることができる被写体ですね。

少しでもこうして写真が撮れて良かったです。
体力との戦いですが、体調の良い時は楽しいことをなさってくだされ!

遠い空の下から願ってますがな!
【2011/01/19 23:26】 URL | 玉三郎 #Vas2b2vM [ 編集]

Re: いいですなぁ! >良かったですわ!

> 線路はいろいろな思いを馳せることができる被写体ですね。

ホントに・・線路って何か感じるものがありますよね。
列車がいなくても撮ってる人の気持ちが分かるような気がしました。

満足感のせいか、今日はあまり疲れを感じませんでした。
やはり「病は気から」ということでしょうね。

お気遣いありがとうございます!
まだまだ頑張りますがな!
【2011/01/19 23:59】 URL | goodjone #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。