あの道へ・・あの時へ・・もう一度バイクに乗って・・。
左半身が不自由になり、心臓に欠陥を抱え、安静に過ごす毎日から抜け出してもう一度バイクに乗りたいと考えるようになったオッサンのつぶやき。
プロフィール

goodjone

Author:goodjone
FC2ブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年と同じく政局の行方は小沢氏次第・・?


ネットで数多くのニュース項目を調べたが、
民主党党大会の様子が今一つ分からない。

菅首相による冒頭での発言は伝えられているが、
大会の様子については触れられていない。

ある議員のツイッターによれば、
質疑応答は一切受け付けないと発表されたらしい。

階猛氏のツイッター。

「党大会。私も前の方の席で『発言を認めろ』」と声を上げましたが、
 認められず。党規約上、党大会での発言を制限する規定はありません。
 『熟議の国会』を目指すのなら、まずは党内で実践すべき。 」

「党大会。採決対象に当初の議案のみならず、
 『菅代表の提案も含む』とされた。
 本日の挨拶中の『党人事の代表一任』を指すと思われるが、
 党規約上、党幹部の選任には別途両院議員総会の承認が必要。
 手続的に問題があると発言しようとしたが、強行採決。
 『熟議』には程遠く、残念。 」


森ゆうこ議員のツイッター。

「オープンでない民主党。党大会で言論封殺!」

「マスコミの皆さんも、
 もちろんフリーのジャーナリストも檻に入れられて隔離。酷い扱いだ。」

「私が発言したかったこと。
 昨日の両院議員総会で多くの議員から指摘されたことについて、何の回答もない。
 昨年の参議院選挙大敗の原因である総理の消費税発言が『大会議案書』から削除されている。
 正しい総括と反省がないからまた『消費税増税』を言いだすのだ。
 さらに、もし与謝野氏を入閣させるなら」(続く)

「与謝野氏は市場原理万能、財政再建至上主義の自民党の経済政策司令塔である。
 すでにそうなっているとも言えるが、
 このまま大増税路線を進むようなら完全にマニフェスト違反。
 『国民の生活が第一の』の民主党を信じて歴史的政権交代を実現してくれた
 国民に対する裏切りだ!それで本当にいいのか?と、 」



昨日の両院議員総会と言い今日の党大会と言い、
執行部が逃げ切りを狙った結果なのかも知れないが、
地方から参加した連中はどんな思いで地元に帰ったのか・・?

その地方では民主党の公認・推薦を辞退する動きもあるという。
まぁ、民主党の看板を外したところで勝てるかどうか・・。
そもそも昨年9月の代表選で菅氏を選出した責任は彼らにもある。

さらに今日の党大会で執行部の逃げ切りを許したとなれば、
国民との約束を反故にし続ける現政権を信任したことにもなろう。


小沢氏が事実上動けない状況下にあって、
民主党の議員たちは内閣総辞職という事態になることを恐れているのか?
政権交代後3人目の首相誕生となれば、解散総選挙を余儀なくされる・・。
小沢派議員のみならず、反小沢議員にも共通する不安なのかも知れない。


新年を迎えてなお政治不安を抱える状況は昨年も同じだった。

政権交代を果たして迎えた昨年の1月13日は、
政治資金規正法と虚偽記載違反で起訴された小沢氏の元秘書・大久保氏の
「西松建設違法献金事件」の第2回公判で、
検察側証人として出廷した西松建設の元取締役総務部長が、
当の検察側の描いたストーリーを覆す証言をした日である。

そこで検察は1月26日に予定されていた第3回公判を、
訴因変更の申し立てを理由に延期させた。

その後、訴因変更を巡る検察と弁護士の攻防は1年近くも続くのだが、
結局は最高裁まで行ったあげく、検察の訴因変更が認められた。
過去の最高裁判例に照らして、まったく解せない話だ。

ただ、事件の発端である西松建設違法献金容疑が訴因から消えたようだが、
例によって大マスコミはそれをまったく報道していない。

何にせよ、小沢に始まり小沢に終わった昨年ではあったのだ。
そして今年も一連の「小沢問題」を抱えたまま始まった・・。


東京第5検察審査会の議決による小沢氏の起訴が今月中にもあると噂される。
その公判の行方とともに今年の政局も動いて行くのだろうか・・?



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。